駒込 アキレス腱痛 骨盤

    こんにちは。

    少し寒さが和らぎましたね。

     

    今日は、アキレス腱の痛みについてお話をしたいと思います。

     

    アキレス腱に痛みがでる方は、多くはないと思います。

    しかし、痛みがでるとなかなか痛みが消えないやっかいな部位なんです。

     

    原因はなんでしょうか?

     

    スポーツを熱心にしている方に多くみられますので、疲労性の痛みという診断が多いのではないでしょうか?

     

    要は、使いすぎということですね。

     

    先生の指導に従って、スポーツを休むとアキレス腱の痛みは改善することが多いと思います。

     

    ところが、十分に休んだにもかかわらず、再びスポーツを開始するとアキレス腱の痛みが再発するケースがあるんです。

     

    なぜ、しっかり休んでアキレス腱の疲労を回復させたにもかかわらず、痛みが再発するのでしょうか?

     

    それは、アキレス腱に負担のかかる原因が他にあるからなのです。

     

    どういうことでしょうか?

     

    休むことによって、アキレス腱に負担がかからなくなりますので痛みはおさまりますが、スポーツを再開するとふたたびアキレス腱に負担がかかりますので痛みが再発してしまうのです。

     

    では、アキレス腱にかかる負担とはどういうものなのでしょうか?

     

    アキレス腱にかかるテンションなんです。

    アキレス腱がひっぱられる力がかかるので、痛みがでるんですね。

     

    アキレス腱にテンションがかかる原因はなんでしょうか?

     

    やはり、原因は骨盤のずれなんですね。

     

    骨盤が、前上方にずれるとアキレス腱にテンションがかかるのです。

    (正確には仙骨に対して腸骨が前上方にずれた場合です。)

     

    なぜ、骨盤がずれるとアキレス腱にテンションがかかるか不思議ではないですか?

    骨盤とアキレス腱は、かなり離れていますよね。

     

    骨盤とアキレス腱の間の筋肉が関わっているんです。

     

    太ももの後ろの筋肉(ハムストリングス)は、骨盤につながっています。

     

    骨盤が前上方にずれると、太ももの後ろの筋肉がひっぱられます。

    テンションがかかるんですね。

     

    太ももの後ろの筋肉がひっぱられると、ふくらはぎ(下腿三頭筋)の筋肉もひっぱられるんです。

     

    ふくらはぎの筋肉は、アキレス腱となってかかとの骨につながります。

    ということは、最終的にアキレス腱がひっぱられるんですね。

     

    足の後ろの筋肉全般にテンションがかかった結果、かかとにつながるアキレス腱に大きな負担がかかって、痛みとなるのです。

     

    このようなわけで、スポーツを休んでアキレス腱の痛みがおさまっても、スポーツを再開すると再びアキレス腱に負担がかかりますので、痛みも再発してしまうんですね。

     

    この場合、骨盤を正常にして、太ももの後ろの筋肉とふくらはぎの筋肉のテンションを抑えると、アキレス腱にかかる大きな負担がなくなりますので、痛みがおこらなくなります。

     

    このように、しつこいアキレス腱の痛みは、骨盤が原因という場合があるんです。