駒込 アキレス腱断裂 骨盤

    こんにちは。

    今日は冬至なので、明日から少しずつ日が長くなりますね。

     

    前回はアキレス腱の痛みについてお話をしました。

    今回はアキレス腱が断裂しやすい原因についてお話をしたいと思います。

     

    なぜ、アキレス腱が切れてしまうのでしょうか?

     

    ダッシュやジャンプなどで、ふくらはぎの筋肉に急に力が入るとアキレス腱に強くひっぱられる力がかかりますので、その力に負けると切れてしまうんです。

     

    アキレス腱が断裂するときは、すごい音がするんです。

    ふくらはぎが棒で殴られたような衝撃があります。

     

    アキレス腱を断裂すると、歩けなくなるのでしょうか?

     

    じつは、歩くことはできるんです。

     

    断裂した直後は、しゃがみこんだままになりますが、しばらくすると歩けるようになることが多いんです。

     

    では、アキレス腱が断裂したかどうかは、どうすればわかるのでしょうか?

     

    つま先立ちができるかどうか、なんですね。

     

    アキレス腱が断裂すると、足首を下に向ける力がでませんので、つま先立ちができなくなります。

     

    それと、アキレス腱の部分にへこみがあると、さらに断裂の可能性が高くなります。

     

    35歳から50歳くらいのスポーツが好きな方が、スポーツの最中におこることが多いんです。

     

    なぜ、35歳以上の方に多いのでしょうか?

     

    それは、35歳以上になるとアキレス腱が老化現象をおこすからと考えられています。

     

    では、なぜ同じ年齢で同じスポーツをしていても、アキレス腱が断裂する人としない人がいるのでしょうか?

     

    やはり、アキレス腱を断裂する人には、老化現象の他に原因があるんですね。

     

    どのような原因でしょうか?

     

    それは、アキレス腱の痛みと同じ原因なんです。

     

    骨盤の前上方のずれが原因なんです。

     

    骨盤の前上方のずれによって、アキレス腱に安静時でも通常よりもテンションがかかります。

     

    その状態で、ジャンプなどでアキレス腱が強くひっぱられると、アキレス腱がその力に負けて断裂してしまうんですね。

     

    ということは、アキレス腱に痛みのある場合はアキレス腱にテンションが通常よりもかかっていますので、断裂する可能性が高くなるんです。

     

    アキレス腱の痛みは、アキレス腱断裂のおこる危険信号なんです。

     

    アキレス腱に痛みがある場合は、骨盤を正常に戻してアキレス腱断裂の予防をすることが大事なんです。