駒込 手首の痛み 手関節痛

    こんにちは。

     

    今回は手首の痛みについてお話をしたいと思います。

     

    手首はよく使う関節ですので、日常的に痛めやすい関節ですね。

    特に、利き腕は使わない日はありませんので、いったん痛めるとなかなか治りずらい関節でもあります。

     

    手首のまわりには、いくつかの骨があるんです。

    その骨が、使いすぎや打撲などで関節がずれると痛みがおこります。

     

    手は骨の数が多い分、関節の数が多いので、痛みの原因もそれだけ多くなるのです。

    まず、痛みの原因を特定することが重要となるんですね。

     

    いわゆる手首の関節は、何気ない日常生活での動作で痛みがでることも多いんです。

     

    例えば、床から立ち上がるときに、手のひらをついて立ち上げる方も多いと思います。

    この動作で、あまり体重が手にかかると、手首の関節がずれる原因となるんです。

    特に、頻繁にこの動作をすると、手首を痛める可能性が高くなります。

     

    また、フライパンなどの思いものを長い時間振るときなども、手首の関節にけっこうな負担がかかります。

    料理は全体的に、手首に負担のかかる動作が多いですね。

     

    手首が痛くなったら、どうしますか?

     

    手首を振る方はいませんか?

     

    じつは、手首を振ってはいけないんです。

     

    つい手首を振ってしまう方も多いかと思いますが、手首を振ると手首の関節のずれを大きくしてしまいますので、悪化してしまうんです。

     

    では、手首に痛みがある場合はどうすればよいのでしょうか?

     

    コツがいりますが、ずれた手首の関節を、元に戻す方法があります。

     

    痛めた方の手を握ってグーの状態にします。

    反対の手は開いて、手のひらの下の方を痛めた手のグーの先に当てます。

    そして、痛めた手首に向けて手のひらで、軽く押してください。

    軽く押すのがポイントです。

     

    そうすると、ずれた手首の関節が元に戻る力がかかるんです。

    ちょっとコツがいりますが、試してみてください。

     

    さらに、アイシングをすると効果的です。

     

    痛めた関節は、安静が基本ですので、痛めた手を使わないことも重要になります。

    できる範囲で、安静にしてください。

     

    それでも、痛みがとれない場合は、きちんと施術を受けて手首の関節を正常にすることが大事です。