駒込 指痛 つきゆび

    こんにちは。

    風の強い日ですね。

     

    今回は、指の関節の痛みについてお話をしたいと思います。

     

    指の関節に痛みのある方は、わりと多いですね。

     

    痛みの原因はいろいろあります。

     

    ぶつけたり、捻ったりして痛める外傷によるものや、スポーツや手作業の指を使いすぎることによって関節を痛めることもあります。

     

    なかには、原因が全く思い当たらないのに痛くなったという方もいますが、たいていは気が付かないうちにつきゆびなどをしている場合が多いんですね。

     

    指の関節の痛みは、しつこいものもあります。

     

    10年以上痛みが続いている、という方もいるくらいです。

     

    なぜ、指の関節の痛みがしつこく残る場合があるのでしょうか?

     

    まず、指の関節の痛みはなぜおこるかをご説明します。

     

    指は、指の骨と骨が関節でつながっています。

    そして、腕の筋肉が腱をひっぱることによって指は動くんです。

    操り人形のような感じですね。

     

    筋肉ムキムキのボディビルダーの方も、手は普通の方とそれほど変わらないですよね。

    それは指を動かす筋肉が、手ではなくて腕にあるからなんです。

     

    腕の筋肉が収縮すると、腱がひっぱられて指が動くんです。

     

    指の関節の痛みは骨がずれることによっておこります。

    つきゆびなどで、関節がずれるんですね。

     

    手は神経がとても敏感なので、ほんの少しのずれでも痛みを感じます。

     

    この関節のずれる方向によって、痛みがしつこく残る場合があるんです。

     

    骨は力がかかった方向に、ずれます。

    この場合は、逆の力がかかると元に戻ります。

     

    仮に、つきゆびをしたとしますね。

     

    指の関節がずれて痛みがおこりますが、指を使っているうちに骨が腱にひっぱられて元に戻る場合があるんです。

    関節が元に戻ると、指の痛みがなくなります。

     

    つきゆびをして、気がつかないうちに自然に治った、という経験はありませんか?

     

    それは、このパターンですね。

     

    では、しつこく痛みが残る指の関節の痛みは、どのように関節がずれているのでしょうか?

     

    しつこい指の関節の痛みは、指の関節がねじれてずれた場合なんです。

    捻りが入るんですね。

     

    捻ってずれると、指を動かしても関節が元に戻らないのです。

     

    また、つきゆびをして自分で治そうと思って指をひっぱると、ひっぱることで関節に捻りが入ってしまうこともあります。

    余計につきゆびを、こじらせてしまう原因になるんです。

     

    つきゆびをしても、ひっぱってはいけないのはこういう理由もあるんですね。

     

    先程の例にもあったように、指の関節に捻りが入った状態でずれると、自然に元に戻ることは難しいのです。

    そうなると、指の痛みがずっと続くことになるんです。

     

    しつこい指の関節の痛みがある方は、しっかりと捻った方向を確認して整復をして指の関節を正常にする必要があります。

     

    きちんと、関節が元に戻るとその場で痛みがなくなるケースもよくあるんですよ。

     

    しつこい指の痛みは、ぜひ専門家にみせてください。