駒込 股関節可動域制限 股関節のストレッチ

    こんにちは。

     

    今回も、股関節についてお話をしたいと思います。

     

    年と共に、股関節がかたくなる方は少なくありません。

     

    生活に支障がなければ特に気にならないと思います。

    ところが、足の爪が切りづらくなったり、靴下がはけないなど日常生活に問題がでてくると、危険信号を感じるのではないでしょうか。

     

    体がかたくなってきたのだから柔らかくするために柔軟体操をしようとか、ストレッチで柔らかくしようと思う方も多いと思います。

     

    ところが、柔軟体操やストレッチがかえって股関節を悪化させる場合があるんです。

     

    そんなはずはない、と思う方もいると思います。

     

    ところが実際に、そういう例が結構あるんです。

     

    がんばってストレッチをしたにもかかわらず、かえって股関節がかたくなってしまう例をいくつもみてきました。

     

    ではなぜ、柔軟体操やストレッチが股関節をかたくしてしまうのでしょうか?

     

    それは、股関節がかたくなった原因によるんです。

     

    関節は骨と骨で構成されていて、筋肉によって動かされます。

    この骨と骨が正常な位置にあれば、スムーズに動きます。

     

    ところが、骨がずれてしますとスムーズに動かなくなるんです。

     

    骨がずれた状態で動かすと、関節が壊れてしまいますので、無理に動かさなくするという体の反応でもあるんです。

     

    ドアを想像してください。

     

    蝶番が正常であれば、ドアはスムーズに動きますが、蝶番がずれたり、外れたりするとドアの動きは悪くなりますよね

    当然、ドアの開きも悪くなります。

     

    関節はドアの蝶番のようなつくりですので、股関節がずれるとこのよう動きの悪い状態になるんです。

     

    蝶番が壊れて開きの悪くなったドアを、開かないからといって無理やり開くと蝶番が壊れますよね。

     

    ドアが外れたり、かえって開きが悪くなってしまいます。

     

    じつは、股関節の柔軟体操やストレッチもこのような状態になる場合があるんです。

     

    かたくなった股関節を無理に動かすと、ずれた関節がさらにずれていきますので、さらに股関節の動きが悪くなるという悪循環にはまってしまうのです。

     

    もちろん、筋肉や筋膜によって動きが悪くなっている場合は、適度な柔軟体操やストレッチは効果が期待できます。

     

    股関節がかたい場合は、関節に異常があるのかどうかを確認することが大事なんですね。