文京区 産後の腰痛 原因は骨盤の歪み?

    こんにちは。

     

    今回も、産後の腰痛についてお話をしたいと思います。

     

    産後の腰痛は、一般的によく見かける腰痛とはとは違いとてもやっかいなものなんです。

     

    前回お話をしたように、出産時に分解された骨盤が産後に正常に戻らないものです。

    とてもやっかいで、自然に正常に戻ることが期待できない腰痛なんです。

     

    骨盤が歪むと、座っているときに不安定になったり、歩くときに左右の足の出方が違うようなことがおこります。

     

    足の付け根である股関節は骨盤にありますので、骨盤が歪むとダイレクトに股関節に影響がでます。

     

    ですので、股関節に影響がでると、歩きがおかしくなってしまいます。

     

    出産後に腰痛になった方や、腰痛がひどくなった方は骨盤の状態が気になりますよね。

     

    少しコツがいりますが、骨盤の状態をセルフチェックする方法をご説明します。

     

    まず、仰向けになります。

     

    そして、ウエストに左右の手を逆手に当てます。

     

    そのまま左右の手を足の方におろすと、親指が骨盤のでっぱりに触れると思います。

     

    このでっぱりは、左右で同じ場所にあるのが正常です。

     

    もし、左右の骨盤のでっぱりの高さに差があると、骨盤がずれている可能性が高いです。

     

    分かりずらい方は、他の人に確認してもらってください。

     

    次は骨盤の歪みにとても重要なセルフチェックです。

     

    仰向けのまま、左右の人さし指をおへそを挟む位置におきます。

     

    そのまま、足の方に人さし指をおろしていくと、硬い骨にぶつかります。

     

    この骨は恥骨なんです。

     

    普通は、恥骨結合といってしっかりと左右の恥骨がつながっているのですが、出産時にこの部分が外れます。

    そして、産後に再びつながる場所ですので、とても大事なんですね。

     

    普通は、恥骨を軽く押しても痛くありませんが、骨盤が歪んでいると軽く触っただけでも痛みを感じます。

     

    痛いほうの恥骨に異常がある可能性が高いです。

     

    また、左右の恥骨の位置を確認してください。

     

    正常であれば、左右の恥骨は同じ位置にあります。

     

    もし、左右で違いがある場合は、かなり骨盤が歪んでいる可能性が高いので要注意です。

     

    恥骨の異常は、骨盤の状態がかなり悪い場合でしかありませんので、早めに正常な位置に施術する必要があります。

     

    当院では、骨盤の状態を正確に把握しながら骨盤矯正をおこなっていきます。

     

    骨盤の歪みが気になる方は、ぜひ当院にご相談ください。