駒込 腰痛対策 なぜ骨盤矯正が必要なのでしょうか?

    こんにちは。

     

    春先は、ぎっくり腰などの強い腰痛になりやすい時期です。

    腰痛もちの方は、気を付けてください。

     

    なぜ、春先は腰痛になりやすいのでしょうか?

     

    まずは、お天気です。

     

    春のように暖かい日になったと思えば、冬のように寒い日になるというように温度差が大きいのが挙げられます。

     

    気圧の変化が大きいのも腰痛の原因となります。

     

    春の嵐のように気圧が大きく乱高下すると、とても骨盤に負担がかかってしまうんですね。

     

    環境の変化も、あります。

     

    新年度から、学校や職場が変わる方は注意が必要です。

     

    環境の変化が腰に負担がかかることも多いからです。

     

    引っ越しは、その一つの例ですね。

     

    引っ越しで腰を痛める方は本当に多いです。

     

    腰痛は、本当に嫌なものですよね。

     

    腰痛とは、一生付き合っていかないといけないのでしょうか?

     

    そんなことはありません。

     

    腰痛のない人生を送ることができるんです。

     

    では、どうすればよいのでしょうか?

     

    まずは、腰痛の根本的原因である、歪んだ骨盤を正常に戻すことが重要です。

     

    人体で一番大きな関節は、どこにあると思いますか?

     

    骨盤にあるんです。

     

    仙腸関節という、背骨の一番下にある仙骨と腸骨という腰の骨で構成されている関節なんです。

    人体で一番大きい関節で、とても重要な関節です。

     

    この関節に負担がかかると骨盤が歪みます。

     

    そして、骨盤が歪むことによって腰痛がおこってしまうんです。

     

    骨盤矯正によって、仙腸関節を正常にして骨盤の歪みをなくすと腰痛のない生活を送れるようになります。

     

    次に大事なことは、なるべく骨盤に負担のかからない生活を送ることです。

     

    日常生活の過ごし方を、見直すだけで腰痛になる確率がぐんと下がります。

     

    何に気を付ければよいのでしょうか?

     

    まずは、姿勢です。

     

    悪い姿勢は、とても骨盤に負担がかかるために悪い姿勢でいるだけで仙腸関節に負担がかかり骨盤が歪んでしまいます。

     

    姿勢のポイントは、常に腰を立てることです。

     

    特に、座っているときに腰が丸まっている方は多いですが、この姿勢がとても骨盤に負担がかかりますので、腰を立てるように座ることが大事です。

     

    仕事や家事の際に骨盤に負担がかかっていると感じている方は、やり方を工夫して骨盤になるべく負担がかからないようにすることが大事です。

     

    例えば、パソコンのモニターを上げることや、物を持ち上げるときにしっかりと膝を曲げてしゃがんで持ち上げるなどの、ちょっとした工夫が骨盤への負担を軽減させます。

     

    初めに骨盤の歪みを正常にします。

    それから骨盤の負担の少ない生活を送ると、腰痛とは縁のない生活を送ることが可能なんです。

     

    私自身も、若いころは腰痛に悩まされていました。

    その時は、一生腰痛と付き合っていかないといけないのかと思っていました。

     

    現在では、腰痛とは縁のない生活を送っています。

     

    腰痛でお悩みの方は、まず骨盤矯正で骨盤を正常にして、そして骨盤に負担のかからない生活を送ることによって、腰痛のない生活を送っていただきたいと思います。

     

    ぜひ、腰痛でお悩みの方は、腰専門の当院にご相談ください。