駒込 腰痛 股関節痛 原因は足の痛み?

    こんにちは。

     

    今回は、足の痛みでおこる腰痛と股関節痛についてお話をしたいと思います。

     

    腰痛や股関節痛の原因は、さまざまな要因があります。

     

    その中で、なかなか症状が改善されないものに、足の痛みが原因で起こる腰痛・股関節痛があります。

     

    なぜ、足が痛むと腰痛・股関節痛になるのでしょうか?

     

    足が痛いと、足をかばって生活を送りますよね。

     

    このかばった姿勢や歩行、動作などが腰痛・股関節痛の原因となるのです。

     

    足が痛いと、足を引きずってあるいたり、痛くない方の足を中心に歩くと思います。

     

    立つときも、痛くない方の足に体重をかけて立ちますよね。

     

    この時に、骨盤に負担がかかって骨盤が歪んでしまいます。

     

    骨盤が歪むと、もちろん腰痛の原因になりますし、股関節の位置も変わりますので股関節に痛みがでたり、動きに制限が出たりします。

     

    さらに厄介なことがあります。

     

    何でしょうか?

     

    それは、施術の効果が持続しないことなんです。

     

    施術で良くなっても、日が経つとまた悪くなるということを繰り返してしまうんです。

     

    というのも、施術で骨盤・股関節の状態を改善しても、足が痛いために姿勢や歩行が崩れますので、せっかく改善した腰痛・股関節痛が再発してしまうからなんです。

     

    せっかく、症状が改善しても姿勢や歩行で再び腰や股関節の状態が悪化したらもったいないですよね。

     

    施術後の状態が良いのにもかかわらず、次の施術時に症状が悪化している状態を繰り返す場合は、このように足に痛みや不調がある場合が多く見受けられるんです。

     

    このような場合は、腰痛・股関節痛の根本的原因が足の痛みなどの足の不調ですので、足の不調を施術して症状を消失させることが重要となります。

     

    実際、足の状態を良くすると、腰痛・股関節痛の施術の効果が高くなります。

     

    腰の不調は、全身に影響を与えます。

     

    ということは、足の不調が全身に影響を与えるとも言えるんですね。

     

    足首が痛かったり動きが悪場合や、足の指・足の甲に痛みがあるなど、足に不調のある方は注意が必要です。

     

    腰痛・股関節痛がなくても、足に痛みなどの不調のある方は腰痛・股関節痛の予備軍なんです。

     

    足に痛みや動きが悪いなど不調のある方は、ぜひ当院にご相談ください。

     

    足の不調を消失させて、腰痛・股関節痛の根本的原因を改善していきます。