駒込 急性腰痛症 腰痛がおこる前触れは?

    こんにちは。

     

    今回は、腰痛になる前触れについてお話をしたいと思います。

     

    腰痛歴の長い方は、腰痛の前触れがわかっている方も多いと思います。

     

    腰痛の前触れには、このようなものがあります。

     

    1、腰が伸びない。

     

    これは多く見受けられます。

     

    座った後に立つと腰が曲がって、伸びないというケースです。

     

    また姿勢を良くしようとしても、腰が曲がって伸びない状態です。

     

    2、靴下がはきづらい。

     

    これも多いです。

     

    靴下がはける内はいいですが、はけなくなると困りますよね。

     

    3、足の指の爪が切れない。

     

    自分で足の爪が切れないと他の人に頼むしかなくなります。

     

    4、こむら返りがおこる。

     

    これも、多いです。

     

    特に、寝ている時におこるとつらいですね。

     

    いったん足がつると、なかなか治まらないのでとても痛いです。

     

    5、トイレが近くなる。

     

    これは、骨盤が歪むことによって膀胱が他の臓器に圧迫されて、膀胱の容積が減少する事によっておこります。

     

    骨盤に負担が来ていますので、腰痛がおこっても不思議ではありません。

     

    6、便秘・下痢になる。

     

    これも、骨盤が歪むことによって、腸の蠕動運動が十分にできなくなる事によっておこります。

     

    7、疲れやすい。

     

    骨盤や腰椎(ようつい)に異常があると、骨格で体を支持する力が弱くなります。

     

    そこで、筋肉を緊張させて骨格の補助をする為に、常に筋肉に力が入りますので、疲れやすくなるんです。

     

    8、階段がつらくなる。

     

    これも、多いです。

     

    階段の昇降時に骨盤に負担がかかりますので、つらくなります。

     

    9、股関節に違和感がでる。

     

    股関節は骨盤にある関節です。

     

    骨盤が歪むと、股関節の位置が変りますので股関節に違和感がでるんですね。

     

    10、アキレス腱が痛くなる。

     

    これは、骨盤が前に傾く事によっておこります。

     

    骨盤が前に傾くと、足の後ろの筋肉にテンションがかかります。

     

    そのテンションがアキレス腱を引っぱる事によって、アキレス腱に痛みが出るんです。

     

    これらの前触れは、腰痛になってもおこりますが、腰が痛くない時におこる事もあります。

     

    腰痛の前触れですので、腰痛になる危険があるんです。

     

    早めの処置が重要なんです。

     

    腰が痛くなってからではなく、予防がとても重要です。

     

    腰痛の危険信号を感じたら、早めの対策をしてください。

     

    当院では、腰痛の予防にも力を入れています。

     

    ぜひ、ご相談ください。