文京区 股関節痛・可動域制限 骨盤矯正が必要なのはなぜ?

    こんにちは。

     

    今回は、股関節痛や股関節の可動域制限の改善が、なぜ難しいかについてお話をしたいと思います。

     

    股関節の痛みや可動域制限で、悩まれている方は少なくありません。

     

    股関節の異常は、痛みなどの症状もさることながら、将来的に杖をつくようになったり、最悪の場合歩けなくなってしまうのではないか、という不安を感じさせるやっかいなものです。

     

    そして、いろいろなところで施術を受けたものの、効果はいまひとつだったという方が多いんです。

     

    なぜ股関節の施術を受けても、症状が改善しないのでしょうか?

     

    それは、股関節の構造によるんです。

     

    股関節は、骨盤と大腿骨(太ももの骨)で構成されています。

     

    という事は、骨盤が歪むとそれに伴って股関節の位置がかわってしまいます。

     

    そうなると、当然股関節の可動域制限がおこります。

     

    そして、その状態で股関節を使っていると、股関節が正常ない位置にありませんので痛みがでてきます。

     

    建物のドアを想像してみてください。

     

    ドアは、建物に蝶番を介してつながっていますので開閉しますね。

     

    もし、地震で建物が歪んだらドアはどうなるでしょうか?

     

    ドアの開閉は悪くなりますよね。

     

    そしてドアを直すには、まず建物の歪みを直してからでないとできませんよね。

     

    骨盤と股関節の関係も、これに近いんです。

     

    骨盤の歪みを正常にしてからでないと、股関節の異常を正常にする事ができないんです。

     

    というわけですので、股関節痛や股関節の可動域制限を改善する為には、骨盤矯正を先に行う必要があります。

     

    臨床経験からすると、骨盤矯正だけで股関節の異常が半分位なくなることも少なくありません。

     

    骨盤矯正だけで、股関節の異常が全くなくなったといケースもあります。

     

    その位、股関節は骨盤の影響を受けるんですね。

     

    まず骨盤矯正、そして股関節の整復という順で施術を行わないと施術効果が期待できないんです。

     

    骨盤が歪んだまま、股関節の施術を行ってもなかなか症状が改善しません。

     

    股関節痛・股関節の可動域制限でお悩みの方は、骨盤矯正と股関節整復を専門にしている当院に、ぜひご相談ください。