駒込 加齢による腰痛 本当に年が原因?

    こんにちは。

     

    今回は、腰痛の原因として加齢についてお話をしたいと思います。

     

    「腰が痛いんです。」

     

    「画像上は問題ありません。加齢による腰痛です。」

     

    「・・・。」

     

    このようなやり取りを経験された方は少なくないのではないでしょうか。

     

    加齢と言われると、返す言葉がありませんよね。

     

    でも、本当に年を取ったからだけで腰痛になるのでしょうか?

     

    若い人は腰痛にならないのでしょうか?

     

    そんな事はありません。

     

    10代や20代の若い方で腰痛に悩んでいる人は沢山います。

     

    反対に、70代80代でも腰痛とは縁のない人は少なくありません。

     

    加齢が腰痛の原因であれば、若い人で腰痛の人はいないはずです。

     

    また、加齢という事であれば、年を取るほど腰痛の人は増えるはずですよね。

     

    ところが、そうではありません。

     

    なぜでしょうか?

     

    腰痛と加齢はそれほど関係ないからではないでしょうか?

     

    確かに、年を取ると体に変化がおこります。

     

    シワができたり、白髪になるのは明らかに加齢と関係があります。

     

    10代や20代で、顔にシワがある人はほとんどいません。

     

    反対に70代、80代で顔にシワのない人はいませんよね。

     

    という事は、シワと加齢は関係性が強い事になります。

     

    年だからシワができた。

     

    これは納得できますよね。

     

    では、年だから腰痛になった。

     

    本当に、納得できるでしょうか?

     

    私は納得できません。

     

    皆さんは納得できますか?

     

    私は、十代の後半から二十代の中頃にかけて、ひどい腰痛に悩んでいました。

     

    その時は年を取ると腰が悪くなると思っていましたので、十代で腰痛の私は一生腰痛から解放される事はないと思っていました。

     

    ところが、現在は全く腰痛がありません。

     

    なぜ、年を取ったにもかかわらず腰痛がなくなったのでしょうか?

     

    それは、まず腰痛になるメカニズムを理解したからです。

     

    そして腰痛の原因を取り除いて、そして腰痛の予防をしっかりと行っているからなんです。

     

    腰痛は、加齢に関係なく腰痛を引き起こす原因があるんですね。

     

    年だからしょうがないとあきらめている方、あきらめる必要はないんです。

     

    腰痛はしっかりと原因を解明して、施術を行うと改善・消失するんです。

     

    ただ腰痛改善には、いくつかの傾向があります。

     

    どのような傾向でしょうか?

     

    1、腰痛歴が長い程、それに比例して改善に期間がかかります。

     

    2、若い程改善は早く、年を重ねる程遅くなります。

     

    3、ぎっくり腰が原因で腰痛になった場合は、改善・消失がしやすいです。

     

    4、交通事故や転倒、転落などの強い衝撃でおこった腰痛は改善・消失に期間がかかります。

     

    あくまで傾向であって、年配の方でも早くに腰痛が改善・消失する場合もあれば、20代の若い方でも時間がかかる場合もあります。

     

    当院では、年に関係なく腰痛の根本的原因を解明して、施術を行います。

     

    腰痛でお悩みの方はあきらめずに、ぜひ当院にご相談ください。