文京区 腰椎椎間板ヘルニア 手術は成功、でも腰痛は残っている、なぜ?

    こんにちは。

     

    今回は、腰椎の椎間板ヘルニアについてお話をしたいと思います。

     

    腰痛の方で、腰椎椎間板ヘルニアが原因と診断された方は多いですね。

     

    なぜ、腰椎椎間板ヘルニアは腰痛の原因になるのでしょうか?

     

    それは、飛び出した椎間板が神経を圧迫すると、考えられているからです。

     

    という事は、飛び出した椎間板を取り除けば腰痛はなくなるはずですよね。

     

    それを行うのが、腰椎椎間板ヘルニアの手術です。

     

    ところが、飛び出した椎間板を手術で取り除いたにもかかわらず、腰痛が変らない方が少なくないんです。

     

    決心をして手術をしたのに、腰痛が改善されないのは困りますよね。

     

    どうして、手術をして腰痛の原因とされる椎間板を取り除いたのに腰痛があるのでしょうか?

     

    それは困った事に飛び出した椎間板が、腰痛の原因ではなかったからなんです。

     

    そんなはずはない、飛び出した椎間板は神経を圧迫するから必ず腰痛の原因になるのでは?

     

    と思いますよね。

     

    ところが、腰椎の椎間板が飛び出しているにもかかわらず、腰痛とは無縁の人が少なくないという事

     

    は、実はよく知られている事実なんです。

     

    腰椎椎間板ヘルニアの手術で、腰痛がなくなった場合は飛び出した椎間板が原因に違いありません。

     

    しかし、腰痛が変らない場合や逆に悪化してしまった場合は、どうなのでしょうか?

     

    残念ながら、する必要のない手術をしてしまったという事ではないでしょうか。

     

    腰痛の原因は様々ですので、飛び出した椎間板が腰の痛みの原因と特定する事は難しいのです。

     

    手術は、皮膚や筋肉や血管や神経を切り裂いたり、穴を開ける行為です。

     

    という事は、体のダメージが大きいので、最後の手段にする事が賢明です。

     

    では、腰椎の椎間板の飛び出しが原因ではないとすると腰痛の原因は何でしょうか?

     

    多くは、腰のまわりの関節のずれなんです。

     

    このような、原因により腰痛がおこります。

     

    1、仙腸関節のずれ(骨盤にある人体で一番大きな関節、非常に腰痛と関係がある)

     

    2、腰椎(背骨の腰の部分)のずれ

     

    3、股関節のずれ

     

    4、胸椎と腰椎の境目の関節のずれ

     

    5、恥骨結合(骨盤の前下方)のずれ

     

    6、仙骨の傾き

     

    この様な原因が、腰痛を引き起こす原因として良くみられます。

     

    腰椎椎間板ヘルニアが原因の腰痛で来院される方も少なくありませんが、上記の関節に対する施術

     

    で、ほとんどの腰痛は改善・消失していきます。

     

    ですので椎間板が飛び出していても、腰痛とはほとんど関係がないというのが実感です。

     

    ぜひ腰椎椎間板ヘルニアが原因の腰痛と診断された方は、当院にご相談ください。

     

    ほとんどの方が、腰痛のない生活を送るようになっていきます。

     

    また椎間板ヘルニアの手術を勧められている方は、手術は後戻りができません。

     

    手術を受ける前に、当院の施術を受けて頂ければと思います。

     

    腰痛が改善・消失すれば、手術の必要はないのですから。