文京区 かかとの痛み 原因は骨盤?

    こんにちは。

     

    今回は、かかとの痛みと骨盤の関係についてお話をしたいと思います。

     

    かかとの後側のアキレス腱がつながっているところに、痛みが出る事があります。

     

    ここの痛みは、しつこくてなかなかなおりません。

     

    なぜでしょうか?

     

    原因がかかとの他にあるからなんですね。

     

    では、痛みの原因は何なのでしょうか?

     

    この痛みの原因は、骨盤のずれなんです。

     

    どうして、骨盤のずれがかかとの痛みをおこすのか疑問に思いませんか?

     

    骨盤につながっている足の後ろ側の筋肉が作用するからなんです。

     

    どういう事か説明しますね。

     

    仙腸関節が前方にずれると、坐骨結節というおしりのでっぱった骨が上方にずれるんです。

     

    この坐骨結節には、太ももの後ろの筋肉であるハムストリングスがつながっています。

     

    坐骨結節が上方にずれると、このハムストリングスが引っ張られてテンションがかかるんです。

     

    ハムストリングスにテンションがかかると、その下の下腿三頭筋が引っ張られてテンションがかかります。

     

    下腿三頭筋はアキレス腱となって、かかとの骨につながっています。

     

    最終的に、アキレス腱がかかとの骨を引っぱる力が働きますので、かかとが痛くなるんですね。

     

    かかとに痛みがあるからといって、かかとに処置を施しても痛みがおさまらないのは、かかとの痛みの根本的な原因が骨盤にあるからなんですね。

     

    ですので、かかとの痛みを根本的になおすには、骨盤矯正をおこなう事が必要なんです。

     

    しつこいかかとの痛みにお悩みの方は、骨盤矯正を専門にしている当院に、ぜひご相談ください。