駒込 慢性腰痛 腰痛と姿勢の関係は?

    こんにちは。

     

    今回は、腰痛と姿勢の関係についてお話をしたいと思います。

     

    鏡を見た時に、肩が右に下がっていたり左に下がっていませんか?

     

    普段はなかなか気が付かないと思いますが、写真を見るとわかると思います。

     

    左右の肩の高さが違う方は、骨盤が歪んでいる事が多いんです。

     

    なぜ、一方の肩が下がるのでしょうか?

     

    これは、腰痛と関係があるんです。

     

    というのも、腰痛は骨盤の歪みが原因でおこる事が多いですが、肩が下がる原因も骨盤の歪みが関係しているからなんです。

     

    どうして、骨盤が歪むと肩が下がるのでしょうか?

     

    骨格の構造によるんですね。

     

    背骨は骨盤の上に積み重なっています。

     

    ですので、骨盤が傾くと背骨も傾いてしまうんです。

     

    そのまま傾くと倒れてしまいますので、途中から背骨を逆方向に曲げる事によって体を安定させるんです。

     

    左に骨盤が傾いた場合で説明しますね。

     

    左の骨盤の関節(仙腸関節)がずれると、骨盤が左に傾きます。 

     

    それに伴って、背骨も左に傾きます。

     

    そして、左に倒れるのを防ぐ為に、背骨を右に傾けてバランスをとるんです。

     

    そうすると、肩甲骨や肩も同じ方向に傾きますので、肩が右に下がるんですね。

     

    左右の肩の高さの不均衡は、このようにしておこるんです。

     

    という事は、骨盤の傾きを正常にすれば、肩の高さも左右で揃うのでしょうか?

     

    その通りなんです。

     

    腰の悪い方は肩の高さが左右で違う事が多いですが、骨盤矯正によって骨盤を正常にすると肩の高さも揃うんです。

     

    骨盤矯正をすれば、すぐに肩の高さが揃うのでしょうか?

     

    1回の施術で揃う場合もありますし、ある程度の期間を必要とする場合があります。

     

    傾向としては、腰の悪い期間が短い程揃いやすいですね。

     

    左右の肩の高さが違っていても、腰痛ではない方もいると思います。

     

    こういう方は、以前に腰痛があったタイプかこれから腰痛がおこりやすいタイプです。

     

    肩が下がるという事は、体が歪んでいますので骨盤矯正で歪みをなくす必要があるんです。

     

    左右の肩の高さの違う方は、ぜひ当院の施術を受けて体の歪みを正常にして頂ければと思います。