駒込 腰痛 靴底の減り方で骨盤の異常がわかる?

    こんにちは。

     

    今回は、靴底の減り方と骨盤の関係についてお話をしたいと思います。

     

    慢性腰痛の方は、靴底の減り方が普通でない場合があります。

     

    例えば、極端に外側が減っている場合や、左右で減り方が違う場合などです。

     

    また、内側が減る場合や後の部分が極端に減るという場合もたびたび見受けられます。

     

    どうして、このように靴底が減るのでしょうか?

     

    それは、骨盤が歪む事によって、股関節の位置が変るからなんです。

     

    股関節は、骨盤にある関節ですので骨盤の影響を直接受けるんですね。

     

    股関節の位置が変ると、足の接地する部分が変わってしまいます。

     

    地面に接地する場所が変ってしまいますので、靴底の減り方も変わるんですね。

     

    このように腰痛の方は骨盤が歪んでいる場合が多いですので、靴底の減り方に特徴が出るんです。

     

    また、腰痛の他にも股関節の異常も同様に、靴底の減り方が変になる場合があります。

     

    靴底は、骨盤や股関節の状態のバロメーターになるんですね。

     

    ぜひ、靴底の減り方を確認してみてください。

     

    その他にも、いろいろ問題がおこる場合もあります。

     

    靴底の減り方がおかしいという事は、足の接地する場所が正常でないという事です。

     

    そうすると、足首や膝に負担が大きくかかります。

     

    その負担によって、足首痛や膝痛の原因になるんです。

     

    慢性的な足首痛や膝痛に悩んでいる方は、骨盤や股関節に異常がある場合が少なくありません。

     

    足首や膝の処置をして一時的に良くなっても、痛みが再発する場合は、このケースが考えられます。

     

    足首痛や膝痛はあくまで症状であって、本当の原因は骨盤や股関節にあるというケースです。

     

    症状と原因が同じ部位であればわかりやすいのですが、症状と原因が離れているというケースはなかなか原因を突き止める事が難しいのです。

     

    慢性的な痛みは、症状と原因が離れているというケースが結構多いんですね。

     

    この場合は、どこが原因なのかを突き止められるかが大きなポイントになります。

     

    このように、靴底の減り方で現在の体の状態や、これから起こるかもしれない症状が推測できるんです。

     

    靴底の減り方がおかしいと感じた方は、骨盤や股関節に異常がある可能性があります。

     

    ぜひ、骨盤矯正・股関節整復を専門にしている当院にご相談ください。