駒込 慢性腰痛 歩くとなぜ、腰痛に良いの?

    こんにちは。

     

    腰痛対策には、歩く事が効果的です。

     

    ご存知の方も多いのではないでしょうか。

     

    腰が痛い時に、歩くと少し楽になりますよね。

     

    また、腰痛防止の為に毎日歩いている方もいます。

     

    なぜ、歩くと腰に良いのでしょうか?

     

    それは、骨盤と股関節の形状によります。

     

    股関節は、足の付け根で内側に曲がっていて、体重がかかると骨盤方向に力がかかります。

     

    この骨盤にかかる力が、骨盤を安定させる効果があるからなんです。

     

    多少の骨盤のずれなら、この内向きの力で元に戻ります。

     

    毎日歩くと腰痛防止になるのは、仕事や家事等でずれた骨盤を歩く事によって元に戻すからなんですね。

     

    ただ、骨盤のずれが大きいと歩くだけでは元に戻りませんので、ずれが大きくなる前に歩く事が大事なんです。

     

    また、骨盤のずれる方向にもよります。

     

    骨盤の前方回転型(腸骨が仙骨に対して、前上方にずれる)ですと、効果があります。

     

    ところが、骨盤の後方回転型(腸骨が仙骨に対して後下方にずれる)や骨盤の外側転位型(腸骨が仙骨に対して外側にずれる)ですと、効果があまりありません。

     

    これらのタイプは、多くは外傷によって瞬間的に骨盤に噛みこむ力がはたらいていますので、残念ながら歩行ではなかない元に戻らないんです。

     

    前方回転型以外は、しっかりと施術で骨盤を元に戻す必要があります。

     

    さらに、歩く事が腰痛防止になる理由があります。

     

    歩く事によって骨盤を安定させる筋肉が強化されるからなんです。

     

    骨盤を安定させる筋肉は、膜のような薄い筋肉です。

     

    この膜のような筋肉を強くすると、骨盤が安定してずれにくくなるのです。

     

    スクワット等の筋トレをすると強くなりそうですよね。

     

    ところが、この筋肉は筋トレではつかないんです。

     

    歩く事によってのみ、強化される筋肉なんですね。

     

    このように、歩く事はとても腰にいいんです。

     

    そして、骨盤を安定させる筋肉をつけるには、歩く方法が重要です。

     

    1、なるべく大股で歩く。

     

    2、後に手を大きく振る。

     

    3、運動靴で歩く。(できればジョギングシューズが足に負担がかかりません)

     

    4、歩くのに慣れてきたら、40~50分歩くようにする。

     

    5、平な道を歩く。(階段や坂道は、腰に負担がかかり逆効果になります)

     

    6、歩くスピードを上げる。(慣れてきたら10分に1km位のスピードで)

     

    7、なるべく手に物を持たない。

     

    8、がに股や内股にならないように、足をまっすぐ前に出す。

      (がに股や内股ですと股関節・膝・足首の負担が大きくなり痛みの原因になる為)

     

    このような歩行は最初は、難しいですが、少しずつ慣れていって頂ければと思います。

     

    腰痛防止・対策の為に、ぜひ腰に良い歩き方を実践してください。

     

    歩行によって腰痛が改善されない方は、骨盤の状態が悪い可能性が高いです。

     

    骨盤矯正を専門にしている当院に、ご相談ください。