駒込 腰痛 よくつまづくのは骨盤の歪みのせい?

    こんにちは。

     

    今回は、骨盤の歪みと足のつまづきの関係についてお話をしたいと思います。

     

    腰痛の方から、よくつまづくというお話を聞きます。

     

    しかも、道路や体育館などの何もないところでつまづくのです。

     

    なぜ、何もない所でつまづいてしまうのでしょうか?

     

    歩く時の足の運びに、ポイントがあるんですね。

     

    歩く時は、まず一歩を踏み出しますよね。

     

    そして後足を前にだす時に、つま先が床に触れないように無意識に足首を曲げて足を前にだします。

     

    この時に足首が十分に曲がらないと、つまづいてしまうんです。

     

    骨盤が歪むと、この足首を曲げる力が弱くなってしまうんです。

     

    何もない所でつまづいてしまう方は、骨盤が歪んでいる可能性が高いんですね。

     

    中学生の頃に、廊下や体育館でよくつまづく生徒がいました。

     

    当時は、なぜ何もない所でつまづくのか不思議に思っていました。

     

    おそらく、その生徒は骨盤が歪んでいたのだと思います。

     

    では骨盤を正常にすると、つまづかなくなるのでしょうか?

     

    骨盤矯正で正常な位置に骨盤を戻すと、つまづかなくなるんです。

     

    骨盤の状態を確認する検査で、足の親指の力をみる検査があります。

     

    よくつまづく方は、この力がでません。

     

    この力が弱いと、つま先が床にあたるので良くつまづいてしまうのです。

     

    骨盤矯正で骨盤を正常な状態に戻すと、足の親指の力が強くなります。

     

    足の親指の力が強くなると、つま先が床にあたらなくなりますので、つまづかなくなるんですね。

     

    よくつまづく方は、骨盤が歪んでいる可能性があります。

     

    骨盤の状態を確認して、もし歪んでいれば正常にする事が重要です。

     

    ぜひ、心当たりのある方は、骨盤矯正を専門にしている当院にご相談ください。