駒込 腰痛 長引くぎっくり腰の原因は?

    こんにちは。

     

    今回は、ぎっくり腰の中でも最もやっかいなぎっくり腰の原因についてお話をしたいと思います。

     

    ぎっくり腰は、正式には急性腰痛症といいます。

     

    なった事のある方はわかると思いますが、とてもつらいですよね。

     

    立っても座っても、横になっても痛みます。

     

    どうしようもない状態になるんです。

     

    ぎっくり腰は大体1週間位で、症状は落ち着いてくる事が多いです。

     

    ところが、2~3週間以上も強い腰痛が続くぎっくり腰があるのです。

     

    何が原因なのでしょうか?

     

    ぎっくり腰は、引っ越しで思い物を運んだり、久しぶりに運動をしたり、大掃除等で長い時間姿勢が悪い場合等におこります。

     

    腰に大きな負担がかかって、骨盤がずれたり筋肉を痛めてしまうんですね。

     

    骨盤や筋肉が原因であれば、1週間位でおさまってきます。

     

    では、症状が長引くぎっくり腰は何が原因なのでしょうか?

     

    原因は、腰椎がずれた場合なんです。

     

    腰椎の捻転タイプと呼んでいますが、とても強い痛みと腰の不安定性がおこるやっかいなぎっくり腰なんです。

     

    なぜ、腰椎が捻転するのでしょうか?

     

    それは、強い体の捻りによって、腰椎が捻転してしまうんです。

     

    例えば、ゴルフのスイングなどの様に強く体を捻った場合におこる事があります。

     

    また、ストレッチ等で強く体を捻った場合にもおこります。

     

    症状としては強い腰痛と腰の不安定性が強くなって、膝崩れがおこります。

     

    膝崩れは、急に足に力が入らなくなって膝がガクッと曲がってしまう状態です。

     

    腰椎の捻転タイプはとてもやっかいです。

     

    なぜかというと、骨盤のずれは骨盤矯正で元に戻せますし、筋肉が原因であればアイシングによって炎症をおさえれば楽になります。

     

    ところが、腰椎の捻転タイプは自然に腰椎が元に戻るのを待つしかありません。

     

    ただし、早期に腰椎が元に戻る為には条件があります。

     

    それは、骨盤が正常であるという事なんです。

     

    骨盤が歪んでいると、背骨が傾くので、腰椎の捻転が元に戻りづらいのです。

     

    まず、骨盤が歪んでいれば骨盤矯正で正常に戻す事が重要になります。

     

    骨盤が正常な状態で、捻転した腰椎をアイシングするとさらに効果が上がります。

     

    ぎっくり腰になってしまったら、骨盤のずれにしても筋肉性にしても、腰椎の捻転にしても、まず骨盤の状態を確認する事が大事なんですね。

     

    また、ぎっくり腰になってしまうと大変ですので、これはぎっくり腰になりそうだという予感がしたら、早めに施術を受ける事をお勧めします。

     

    ぎっくり腰になってしまったら大変ですから。

     

    ぎっくり腰も、予防が大事なんです。

     

    ぎっくり腰になってしまった方、またぎっくり腰になりそうな予感がする方は、骨盤矯正を専門にしている当院にぜひご相談ください。