駒込 慢性腰痛 腰痛の原因は背骨の関節?

    こんにちは。

     

    今回は、骨盤以外でおこる腰痛の原因についてお話をしたいと思います。

     

    腰痛、慢性腰痛は、骨盤の歪み(仙腸関節のずれ)が原因という事が多いですが、骨盤以外でおこる腰の痛みの中で、わりとよく見かける関節の異常があります。

     

    どこだかわかりますか?

     

    それは、背骨の関節なんですね。

     

    背骨は椎骨という骨が積み重なったような構造です。

     

    仙骨という骨の上に、腰椎・胸椎・頚椎が積み重なっています。

     

    この椎骨と椎骨の関節のずれが、痛みの原因になるんです。

     

    以前に腰椎の捻転タイプが、強い腰痛の原因になるとお話をしました。

     

    腰椎は、椎骨の腰の部分です。

     

    腰椎はいったんずれると強い痛みをおこしますが、めったにずれる事はありません。

     

    それに対して、比較的ずれやすい関節があるんです。

     

    それは、胸椎と腰椎の境目の関節です。

     

    背骨の胸の部分と、腰の部分の境目ですね。

     

    胸腰椎移行部といいます。

     

    なぜ、この関節がずれやすいのでしょうか?

     

    それには、理由があります。

     

    胸椎には肋骨がつながっていて、胸骨と共に胸郭を形成しています。

     

    胸椎は胸郭を形成しているので、可動性が高くないんですね。

     

    その為、体を捻ると一番下の胸椎と一番上の腰椎の関節に負担がかかるんです。

     

    その負担によって、胸椎と腰椎のつなぎ目の関節はずれやすいんです。

     

    この胸腰椎移行部の関節がずれると、背中・腰・臀部の痛みの原因になってしまいます。

     

    腰痛の原因が腰ではなくて、背骨にあるパターンですね。

     

    腰の痛みの他に、腰の張り感として感じる場合もあります。

     

    骨盤矯正をして骨盤が正常になった後に残る腰痛や腰部の張り感は、この胸腰椎移行部の関節が原因という事が多く見受けられます。

     

    腰は痛くないけれど、腰や臀部に張り感があるという場合も、胸腰椎移行部が原因として考えられます。

     

    この場合、胸腰椎移行部の関節を整復すると、腰の痛みや張り感が改善・消失していきます。

     

    当院では、腰痛に対して骨盤矯正の他に背骨の関節、股関節等の腰の痛みをおこす可能性がある関節を全て確認して施術していきます。

     

    腰痛、慢性腰痛でお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。