駒込 腰痛 膝が痛いは腰痛のサイン?

    こんにちは。

     

    今回は、膝痛と腰痛の関係についてお話をしたいと思います。

     

    たまに膝が痛くなる事はありませんか?

     

    それは腰が悪いサインかもしれません。

     

    膝は動きの大きい関節ですので負担が大きい上に、骨盤と股関節の影響を強く受ける関節なんです。

     

    骨盤が歪むと、骨盤にある股関節の位置がかわります。

     

    股関節の位置がかわると、太ももから下の足の向きが微妙にかわります。

     

    足の向きがかわると、立ったり歩いたりする時にバランスが崩れますので、その反応として膝関節を捻る事によって足の向きを補正してバランスを保ちます。

     

    この時の膝関節の捻りが、膝痛となってしまう場合があるんですね。

     

    膝が痛くなったり痛みがなくなったりする場合は、骨盤や股関節の状態の良しあしに左右される場合が多いんです。

     

    なぜ膝が微妙に捻るだけで痛むのでしょうか?

     

    それは膝の関節を構成している靭帯(じんたい)にテンションがかかるからなんです。

     

    膝の内側を押してみて痛みがある場合は、内側の靭帯にテンションがかかっています。

     

    反対に外側に痛みがある場合は、外側の靭帯にテンションがかかっています。

     

    膝のお皿に痛みがある場合は、お皿の位置がずれている可能性があります。

     

    こういった痛みは、膝関節に捻りがはいるとおこります。

     

    膝の痛みは、腰や股関節の状態を確認する事が重要なんですね。

     

    当院では膝痛の場合、必ず骨盤・股関節の状態を確認します。

     

    実は、膝痛の方のほとんどが腰に何らかの異常があるからなんです。

     

    骨盤、股関節、膝関節と施術を行うと、膝の痛みは改善・消失していきます。

     

    膝に痛みがでるのは、腰の異常のサインでもあるんですね。

     

    膝に痛みがでたら、腰の状態を確認する事をお勧めします。