駒込 腰痛 つらい生理痛と骨盤の関係は?

    こんにちは。

     

    今回は、腰痛と生理痛・生理不順の関係についてお話をしたいと思います。

     

    腰痛持ちで、生理痛に悩んでいる方は多いですね。

     

    腰痛と生理痛はどのような関係があるのでしょうか?

     

    骨盤には、内臓を守っている容器としての役割があります。

     

    骨盤が歪むと、内臓の容器が歪む事になりますので、中に入っている内臓が影響を受けてしまうのです。

     

    コンビニのお弁当を例にしてみます。

     

    お弁当の容器が歪むと、中に入っているご飯やおかずは潰れたり形が変りますよね。

     

    同じように骨盤が歪むと、内臓の位置が変ったり、内臓が圧迫されて形が変ってしまいます。

     

    形が変ったり圧迫されると、内臓のはたらきが十分にできなくなってしまうのです。

     

    そのように骨盤が歪む事によって、女性器の位置が変ったり、圧迫される事によって生理痛・生理不順がおこってしまいます。

     

    ですので骨盤矯正で、骨盤の歪みがなくなると生理痛・生理不順は改善していきます。

     

    また、生理になると腰が重くなったり痛くなる事も多いと思います。

     

    なぜ、腰が重くなったり痛くなるのでしょうか?

     

    それは、女性ホルモンの影響なんです。

     

    女性ホルモンには、関節を緩めるという作用があります。

     

    女性ホルモンがたくさん出る事によって、骨盤の関節のずれが大きくなります。

     

    それが腰の重さや痛みの原因となるんですね。

     

    つらい生理痛は、骨盤の状態が良くなると本当に楽になります。

     

    生理痛・生理不順にお悩みの方は、骨盤矯正を専門にしている当院にぜひご相談ください。