駒込 慢性的な肩こり 肩こり対策が効かないのはなぜ?

    こんにちは。

     

    今回は、しつこい慢性的な肩こりについてお話をしたいと思います。

     

    腰痛と並んで、慢性的な肩こりに悩んでいる方は多いですよね。

     

    いろいろと肩こりの対策を、している方もいると思います。

     

    ところが、肩こり対策の効果がでる人とあまりでない人がいます。

     

    例えば、同じように肩こりに効くストレッチをしても、効果がある人とあまり効果がない人という場合です。

     

    なぜ、効果に差がでてしまうのでしょうか?

     

    それは、肩こりをおこす原因が違う事が考えられます。

     

    肩こりは、肩の筋肉の緊張や血流不足、疲労が原因として挙げられます。

     

    このような原因の肩こりには、肩こり対策は効果があります。

     

    ストレッチで筋肉の緊張を和らげたり、血流を促しますから肩は楽になっていきます。

     

    では、肩こり対策の効果がでない場合は、何が原因なのでしょうか?

     

    首の関節の関節のずれが原因という場合が多いですね。

     

    なぜ、首の関節がずれると肩がこるのでしょうか?

     

    首の骨は頚椎といって、7つあります。

     

    この7つの頚椎が重い頭を支えています。

     

    この頚椎の関節がずれると、十分に首の骨だけでは、重い頭を支えられなくなります。

     

    頭が不安定になると困るので、体は補助をして頭を安定させようとします。

     

    どのように補助をするのでしょうか?

     

    筋肉を緊張させて、筋肉によって頭を支える補助をするんですね。

     

    この補助をする筋肉が、肩こり筋といわれる僧帽筋(そうぼうきん)や肩甲挙筋(けんこうきょきん)なんです。

     

    この様に、頭を支える補助として肩がこっている場合は、筋の緊張や血流不足、疲労などの肩こりとは原因が大きく違うのです。

     

    この場合は、肩こり対策の効果が期待できません。

     

    なぜ、肩こり対策の効果が期待できないのでしょうか?

     

    肩こり筋の緊張を和らげると頭が不安的になってしまいますので、体が筋肉を緊張させて頭の安定を保とうとするからなんですね。

     

    車で追突をされて、むち打ち症になった方が、ひどい肩こりになってしまうのは、むち打ちをした時に頚椎が大きくずれてしまい、肩こり筋の強い緊張で頭を支える補助をするからなんです。

     

    関節は可動域の大きい関節ほどずれやすいので、首の関節もずれやすい関節なんです。

     

    では、どうすれば肩こりは良くなるのでしょうか?

     

    ずれている頚椎を元に戻す事が重要なんです。

     

    頚椎が元に戻ると、必要以上に筋肉で補助をする必要がなくなりますので、僧帽筋や肩甲挙筋の緊張が緩むからです。

     

    そうすると、肩は楽になるんですね。

     

    肩こり対策をやっても、すぐに肩がこる方は頚椎がずれている可能性が高いです。

     

    当院では、頚椎のずれを元に戻して、肩こり筋の緊張を解消させていきます。

     

    その状態で筋緊張性の肩こりがある方に、肩こり筋の筋膜を緩めるストレッチをやって頂きます。

     

    頚椎のずれのない状態で、筋膜ストレッチを行うととても効果があるんですね。

     

    しつこい肩こりにお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。