駒込 腰痛 腰の横ラインの張り感は厄介な腰痛の兆候!?

    こんにちは。 

     

    今回は、厄介なタイプの腰痛についてお話をしたいと思います。

     

    長い期間、腰の悪い方は腰痛と共に慢性的に腰の張り感じていると思います。

     

    腰の慢性的な張り感は、なぜおこるのでしょうか?

     

    張り感は筋肉や皮膚が引っ張られて、テンションがかかった状態です。

     

    なぜ、テンションがかかるのでしょうか?

     

    関節がずれる事によるんですね。

     

    関節は、骨と骨につながっている筋肉が収縮する事によって動きます。

     

    関節に負担がかかると、骨と骨がずれる事があります。

     

    そのように骨と骨がずれると、筋肉が引っ張られてテンションがかかるんですね。

     

    そのテンションが、張り感として感じるのです。

     

    という訳で、慢性的な張り感の原因は関節のずれなんです。

     

    筋肉疲労でも、張り感を感じる事はありますが、筋肉疲労ですと3日から1週間位で回復しますので慢性的に張るという事はありません。

     

    腰痛の多くは、骨盤や腰椎のずれが原因です。

     

    骨盤や腰椎の関節がずれる事によって、張り感を感じるのです。

     

    張り感の多くは、縦のラインで感じる事が多いんです。

     

    なぜかというと、骨盤は前方や後方にずれる事が多く、この場合は縦に張り感を感じるからなんです。

     

    ところが、稀に腰の横のラインで張り感を感じる場合があります。

     

    これは良くない張り感なんです。

     

    厄介な腰痛の可能性が、考えられるからです。

     

    横にテンションがかかる場合は、骨盤が外側にずれている可能性があるからなんです。

     

    骨盤が外側にずれるタイプは、改善しにくい厄介なタイプなんですね。

     

    張る場所は、腰の背中よりの部分に横ラインの張り感がでる事が多いです。

     

    (腰の下の方や、おしりの辺りに横ラインの張り感がある場合は、股関節の影響が考えられます。)

     

    骨盤の外側にずれるタイプは、骨盤の関節の安定が悪いので腰痛が長引く原因となります。

     

    施術で腰痛が軽くなっても、すぐに痛みがぶり返すような状態になるからです。

     

    骨盤矯正で骨盤の前後のずれを正常に戻しても、外側のずれが残っているとすぐに前後のずれが再発してしまいます。

     

    改善しづらい厄介な腰痛なんですね。

     

    腰痛で腰の横ラインに張り感のある方や、慢性的に腰痛に悩んでいる方は骨盤が外側にずれているかもしれません。

     

    骨盤矯正を専門にしている当院に、ぜひご相談ください。