駒込 腰痛 しりもちは厄介な腰痛の原因になる!?

    こんにちは。

     

    今回は、しりもちと腰痛の関係についてお話をしたいと思います。

     

    今までの人生で、しりもちをついた事がないという方はいないのではないでしょうか。

     

    特に子供は、よくしりもちをつきますよね。

     

    実はしりもちは、厄介な腰痛の原因になるんです。

     

    なぜ、厄介な腰痛の原因になるのでしょうか?

     

    それは、しりもちによっておこる骨盤のずれる方向によるんです。

     

    おしりの下に左右に、でっぱった骨があります。

     

    この骨は、坐骨結節といって骨盤の下にあります。

     

    座っている時に座面に接触して体を支える大事な部位なんです。

     

    しりもちをつくと、この坐骨結節に強い力がかかります。

     

    体重がどすんとかかるので体重の数倍の衝撃が坐骨結節に加わる事になります。

     

    どの位の衝撃がかかるのでしょうか?

     

    歩く時に一歩踏み出すと、足に体重の3倍の力がかかるんです。

     

    という事は、しりもちをつくと相当の衝撃が骨盤にかかるんですね。

     

    体重計にのる時は、そっとのりますよね。

     

    もし、どんと体重計にのると体重計のはりは振り切れてしまいますよね。

     

    この振り切れた体重が衝撃として体にかかる事を考えると、衝撃の度合いがわかると思います。

     

    坐骨結節から骨盤に、このような大きな衝撃がかかると骨盤はどうなるのでしょうか?

     

    骨盤は、後にずれてしまうんです。

     

    正確にいうと、寛骨という骨盤の大きな骨が仙骨に対して後ろ側にずれるのです。

     

    さらに、強い衝撃で瞬時にずれる為に、後ろ側にずれた状態で骨盤の関節が噛みこんでしまうのです。

     

    噛みこんだ関節は、自然には元に戻りませんのでやっかいなのです。

     

    ぎっくり腰はとてもつらい症状をおこしますが、安静にしていると痛みは引きますよね。

     

    それは、ずれた関節が安静にしている内に元に戻っていくからなんです。

     

    症状としては、骨盤がずれますので腰痛の原因になります。

     

    また、股関節痛や股関節の可動域制限を引き起こします。

     

    というのも、股関節は骨盤にある関節ですので、骨盤が後ろ側にずれると股関節もずれてしまいます。

     

    骨盤と股関節は、関係性が強いんです。

     

    股関節が正常な位置から外れると、股関節痛や可動域制限がおこってしまいます。

     

    実際に、股関節の痛みで来院される方で、骨盤が後ろ側にずれている事が原因という方は少なくありません。

     

    この場合の股関節の痛みは、骨盤を正常な位置に戻す事が何よりも優先されます。

     

    先ほどもお話ししたように、骨盤の後ろ側のずれは自然には元に戻りませんので、正確に施術をして戻す他はないんです。

     

    骨盤が後ろ側にずれると、どのような変化がおこるのでしょうか?

     

    立った時につま先に体重がかかったり、腰が反る反り腰になりやすくなります。

     

    座った時に骨盤が不安定になるので、左右にふらふらする事もあります。

     

    また、階段や坂道で下りよりも上りがつらくなる事があります。

     

    腰痛がおこったり、股関節痛や可動域制限等の股関節の異常がおこります。

     

    また、臀部から足にかけて、痺れがおこる事もあります。

     

    しりもちをついてから、このような変化が起こった場合は骨盤が後ろにずれている可能性があります。

     

    当院では、問診と検査により詳しく骨盤の状態を確認してから正確に骨盤矯正を行います。

     

    腰や股関節に不調のある方は、骨盤矯正を専門にしている当院にご相談ください。