駒込 整体 梅雨になると肩こりが強くなる 原因は?

    こんにちは。

     

    今回も、お天気と体調の関係についてお話をしたいと思います。

     

    前回は、なぜお天気が悪くなると頭痛がおこるかについてお話をしました。

     

    今回は、同様にお天気が悪くなると、なぜ肩こりが悪化するかについてお話をしていきたいと思います。

     

    腰痛、頭痛と並んで肩こりに悩んでいる方は本当に多いです。

     

    肩こりは、文字通り肩の筋肉がこっている状態です。

     

    なぜ、肩の筋肉がこるのでしょうか?

     

    その原因がわからないと、効果的な対策をとる事ができません。

     

    肩の筋肉がこるには、ちゃんと理由があるんですね。

     

    筋肉がこるという事は、筋肉を収縮させて力を入れているという事です。

     

    その筋肉の収縮がずっと続いている状態なんです。

     

    なぜ、ずっと肩の筋肉に力が入る状態なのでしょうか?

     

    それは、肩の筋肉で頭を支える為なんです。

     

    頭を支える為に、肩の筋肉に力を入れている状態が、肩こりなんです。

     

    ではなぜ、肩がこる人とこらない人がいるのでしょうか?

     

    頭を支える為に肩の筋肉に力が入るならば、全ての人の肩がこるはずですよね。

     

    そこがポイントなんです。

     

    頭を支える最も大きな役割をしているのが、首の骨です。

     

    頚椎(けいつい)という首の骨が7つ重なっていて、その上に頭がのっています。

     

    首の骨は、頭を支えるという役割と同時に、首を回すという大事な役割もあります。

     

    首を回す動作をする為には、関節の動きが必要になります。

     

    その首の関節がずれると、頭を支えるという役割が十分に果たせなくなってしまいます。

     

    首の関節のように、よく動く関節ほど関節がずれやすいんですね。

     

    首の関節は体の中で、最もずれやすい関節の1つなんです。

     

    首の関節がずれると、首の骨で頭を支える力が弱くなりますので、頭は不安定になってしまいます。

     

    そこで、肩の筋肉に力を入れて首の骨の頭を支える補助をするのです。

     

    これが、肩に力が入る原因です。

     

    主に、僧帽筋(そうぼうきん)や肩甲挙筋(けんこうきょきん)といった、いわゆる肩こり筋で頭を支える補助をするんですね。

     

    これが、肩がこるという状態です。

     

    これが慢性的な肩こりの原因なんです。

     

    ではなぜ、お天気が悪くなると肩こりが悪化するのでしょうか?

     

    お天気が悪くなって気圧が下がると、体にかかる空気の圧力も下がります。

     

    体にかかる圧力が下がりますので、骨格が緩むんですね。

     

    そうなると、首の関節のずれが大きくなります。

     

    首の関節のずれが大きくなるのに比例して、肩の筋肉もさらに力を入れて頭を支えなくてはならなくなります。

     

    それで、肩こりが強くなるんですね。

     

    1、お天気が悪くなる。

     

    2、気圧が下がる。

     

    3、骨格を支える空気の圧力が下がる。

     

    4、首の関節が緩む。

     

    5、肩の筋肉にさらに力を入れて、頭を支える補助をする。

     

    6、肩こりが強くなると感じる。

     

    このように、肩こりとお天気の関係があるんです。

     

    また、頭痛と肩こりの両方に悩んでいる方は少なくありません。

     

    それは、いずれも首の関節がずれる事によっておこりますので、症状が重なるんですね。

     

    肩こりが強くなると頭痛がおこるといった場合は、首の関節のずれが大きくなる事によって脳にいく血流に異常がおこるからなんです。

     

    肩こりを改善するには、首の関節を正常にして、肩こり筋の頭を補助する役割を解除する必要があります。

     

    慢性的な肩こりにお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。