駒込 股関節痛 70代女性 歩くと痛む股関節の原因は?

    こんにちは。

     

    今回は、股関節の痛みについてお話をしたいと思います。

     

    股関節の痛みにお悩みの方が来院されました。

     

    70代女性の方で、歩く時に右の股関節から太ももにかけて痛みがでます。

     

    日によって、痛みがでる時とでない時があるという状況です。

     

     

    なぜ、股関節に痛みがでる時とでない時があるのでしょうか?

     

    それは、股関節の痛みは症状であって、その症状を生む原因は他にあるからなんですね。

     

    では、股関節の痛みを生んでいる原因は何でしょうか?

     

    骨盤の関節のずれが原因という事が考えられます。

     

    なぜ、骨盤の関節がずれると股関節が痛くなるのでしょうか?

     

    それは股関節が骨盤にある関節だからなんです。

     

    股関節は太ももの骨と骨盤をつなぐ大きな関節です。

     

    という事は、骨盤の関節がずれて骨盤がゆがむと、股関節の位置がかわってしまうのです。

     

    股関節が正常な位置でなくなると、股関節の痛みや可動域制限の原因となってしまいます。

     

    そのため骨盤の状態によって、股関節に痛みがでたりでなかったりしていました。

     

    骨盤のゆがみの大きい時は股関節が痛くなって、ゆがみが小さい時は痛みがでないという状況です。

     

    実際に骨盤の関節を確認すると、やはりずれていました。

     

    また、股関節にも可動域制限と運動時の痛みがみられます。

     

    股関節の痛みの原因が判明したので、施術によって骨盤のゆがみを元に戻します。

     

    骨盤を正常にすると、股関節の可動域制限が大きく改善しました。

     

    そして、股関節を曲げると痛みがでていましたが、その痛みも大幅になくなったのです。

     

    次に骨盤のゆがみの影響を受けていた股関節の施術をおこないます。

     

    施術後、さらに股関節の可動域は広がり、運動時の痛みは全くなくなりました。

     

    そして数回の施術で、歩いても股関節に痛みがでなくなるようになりました。

     

    股関節を気にする事なく歩けるようになったので、大変に喜ばれたことが印象的でした。

     

    また、数年後に歩けなくるのでは、という恐怖心をお持ちでしたが、その恐怖心も解消されたので本

     

    当によかったです。

     

     

    このように、股関節は骨盤の影響を強く受ける関節です。

     

    股関節をよくするには、まず骨盤を正常にする必要が絶対にあります。

     

    股関節の痛みでお悩みの方は、原因となる骨盤から股関節までをしっかりと確認し施術する当院にご

     

    相談ください。

     

    股関節は骨盤にある関節ですので、骨盤がゆがむと股関節が不調になってしまいます。
    股関節は骨盤にある関節ですので、骨盤がゆがむと股関節が不調になってしまいます。